映画『ザ・アウトロー』全く予想していなかったラスト!

2010年代,●地域別,●年代別,洋画(主にアメリカ)

こんにちは☆lenoreです。

今回は、映画『ザ・アウトロー』について、私なりの解釈を含め書いていこうと思います。

映画『オペラ座の怪人』を観て以来、大好きになったジェラルド・バトラー😊カッコイイ!

熱い(熱すぎる?笑)刑事を演じていました。



大どんでん返し映画【この段落以後、ネタバレあります】

すごく面白かったです!そして、先が読めそうで読めない展開でした

 

映画冒頭から、強盗犯vs警察との激しい銃撃戦が繰り広げられ、

「140分もある映画の最初っからこんなに激しく撃ち合って、後どんな感じになるんだろう?」

「え?あんなに激しい銃撃戦までして手に入れたのは、空っぽ・現金が入ってない装甲車なの?!」

…もうワケガワカラナイ…私がお馬鹿さんなだけ😂?

 

でも、観すすめていくうちに段々と「全ては、最終的に連邦準備銀行に侵入するための行動なんだな」ということが分かってきました😲



原題は『Den of Thieves(盗賊の巣)』。巣を仕切っていたのは…

な、な、なんと、超下っ端の運転手ドニーでした😲

本当に最後の最後でわかりましたね。気づけなかったな…。

 

連邦準備銀行近くのバー・ホフブロイでバーテンダーとして働きながら、客から情報を得たり忘れ物の入館証をくすねたりして、虎視眈々と狙っていたんですね…。(バー=巣)

映画序盤、主人公ニック刑事らに詰め寄られた時に話していた“メリーメンたちの仲間になった経緯”も、真相は真逆。自分からメリーメンに近づいていってましたね。

いやあしてやられた🤣!

まとめ

大どんでん返しを楽しめるだけでなく、刑事vs強盗団の駆け引き銃撃戦も見どころでした。

終盤の10分近く続く銃撃戦、渋滞の車の列の中で…っていうのが斬新🙄!

ただ、もう少しニック刑事個人の私生活を掘り下げても良かったのかなとも思います。

普段は荒々しいジェラルド・バトラーが、娘を思って車の中で一人涙するシーンがとても良かったので、余計に!

作品詳細

<画像クリックでAmazon商品ページへ飛べます>

原題:『Den of Thieves』

2018年の映画

監督/脚本… クリスチャン・グーデカスト←本作が映画監督デビュー作

●ニック・オブライエン刑事…ジェラルド・バトラー
●レイ・メリーメン(元アメリカ海兵隊特殊作戦コマンド)…パブロ・シュレイバー
●ドニー・ウィルソン(元海兵隊員)…オシェア・ジャクソン・Jr
●エンソン・ルヴォー(元アメリカ海兵隊特殊作戦コマンド)…カーティス・"50セント"・ジャクソン←歌手の50セントです!
…他。

(参考:映画.com, ウィキペディア )

予告編


↑『ザ・アウトロー』予告編 (シネマトゥデイ You Tube より)

 

読んでいただきありがとうございました☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村