映画『雨に唄えば』私にとってはビタミン剤!

1950年代,●地域別,●年代別,洋画(主にアメリカ)

こんばんは☆lenoreです😀

今日はミュージカル映画『雨に唄えば』について書こうと思います☆

この映画、本当に大好きで、私にとってはビタミン剤のような映画なんです🧡



“ミュージカルの名作!”というカタいイメージは少し横に置いて…

ジーン・ケリーが演じるドンが雨の中唄うシーンはあまりにも有名ですよね

映画自体を見たことがなくても、ジーン・ケリーが街灯につかまって唄っているシーンを見たり、歌い出しを聴けば「あぁーあの有名な!」となる方は多いと思います😀

 

でも…本当に有名すぎて「昔の名作は分かりにくいんじゃ?」などカタさをイメージしている方!

是非その壁をぶち破ってください笑😂!このお話は本当に笑えます!元気になれます☆

 

おどけたキャラのコズモや、トーキー映画に向けて甲高い声を問題視されてしまうリナのおちゃめっぷりが際立っています笑。

映画の試写の時にリナの声と映像がずれてしまうシーンやコズモが人形と踊るシーン、特に大好きです😂



ダンスのキレも見逃せない

多分私、今までの人生でこの映画を何十回(もしかしたらうん百回越えるかも)と観ているので、

素晴らしい技術を持ったジーン・ケリー、ドナルド・オコナー、デビー・レイノルズのダンスが目に焼き付きすぎていて

正直、近年のミュージカル映画のダンスが全く心に残らないほどになってしまっています😱

ラ・ラ・ランドとか特に…

 

どの歌唱シーン・ダンスシーンも素晴らしいのですが、

特にジーン・ケリーとドナルド・オコナーが一緒に踊る『Moses Supposes』は、

2人の動きがすごすぎてまばたきを忘れてしまいそうになります😮

↑1:00過ぎた辺りからキレッキレです😳(ishopthereforeiam You Tubeより)

まとめ

一番有名な雨の中で唄い踊るシーンだけでなく、パイを人の顔に思いっきり投げつけたり笑、コントっぽいところもあったりと、目白押しです🙂

心のどこかに少しずつ元気を与えてくれる映画だと思います。

ビタミンがいっぱい詰まってますよ!おすすめ!

作品詳細

<画像クリックでAmazon商品ページへ飛べます>

原題:『Singin’ in the Rain』

1952年の映画。

監督… ジーン・ケリー、スタンリー・ドーネン
脚本… アドルフ・グリーン、ベティ・カムデン

●ドン(大人気の映画スター)…ジーン・ケリー
●キャシー(駆け出しの女優)…デビー・レイノルズ
●コズモ(ドンと苦楽をともにした親友)…ドナルド・オコナー
●リナ(ドンの相手役)…ジーン・ヘイゲン
…他。

(参考:映画.com, ウィキペディア )

予告編

↑『雨に唄えば』予告編(ようこそ予告篇の世界へ Trailers world You Tubeより)

読んでいただき、ありがとうございました🎥



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村