映画『TENET テネット』私の頭の中が“回転扉”に…。

2020年代,●地域別,●年代別,洋画(主にアメリカ)

こんばんは☆lenoreです!

今回は、やっと劇場に観に行けた映画『TENET テネット』について書こうと思います。

 

クリストファー・ノーラン監督が7年がかりで作り上げた作品ということで、あまり予備知識を入れずに…難しいだろうなと思って頭空っぽの状態にして…観に行ってきました!

確かに難しかったけど、とても面白かったです!



息継ぎする間が…

私、今回劇場に『TENET テネット』を観に行くにあたって【1人で観に行くか?/夫と観に行くか?】をすごく迷ったんです💦

 

●ノーラン監督の作品はIMAXカメラ撮影&音や音楽も素晴らしいので、できれば劇場で観たい!(ホントのホントを言えば、IMAXシアターで観たい!でも近隣では大都市にしかないのでなかなか😅)

●ノーラン監督の作品は“夢の中のそのまた中の…” や “時空を超えて…”というようなすごく奥まっている作品が多いので、1人で観に行ってパンフレットも買ったは良いけど、「あそこってこうだったよね?」「え?こうじゃないの?」という意見交換が出来ないと、多分難しすぎて私分からなさそう(消化できなさそう)。

●娘が療育に行っている数時間のあいだに、夫と私2人ともが2時間半の映画を観て、且つお迎えにも間に合うタイミングのちょうど良い上映開始時間を見つけるのがなかなか…💦

 

この辺のことを悩みながらぐるぐるしていたら…運良く良い時間帯の上映があり

夫と2人で鑑賞することができました😄

結果、2人で観て良かったです💦!1人で観てたら、危うく私の頭自体が“回転扉”になるところでした😂💦

 

「難しかった」というのも大いにありますが「息継ぎする箇所があまりなかった」というのもあると思います。

●時間の概念の説明をジーッと聞いていると、今度は映像に驚く…
●驚いているうちに今度はあれよあれよと次の“ミッション”の説明が始まる…

こんな感じで【時間の概念ד違和感”な映像×ミッションなどのスパイ映画要素】が順にダダダっと来る感じだったので、

若干「ちょっと待てよ…うーんと…🤔」と思い出しながらになる時がありました。

 

…単純に私の頭が追いついてなかっただけとも思います笑



1回だけで理解するには難しいが…

予想通り確かに難解だったんですが

家でパンフレットを読みながら、劇場で観ていた時のことを頭の中で反芻(まさに“逆行”のよう🤭)していたら

「実はストーリーの核部分は割とシンプルなのかも…?」と感じました。

※後述しますが、ストーリーの中心には“突破”の面があって、そこが一番分かりやすいし共感しやすいかなと思いました

 

あと初見の時は、名もなき男(ジョン・デヴィッド・ワシントン)中心でストーリーを追っていくと思うので、

●ニール(ロバート・パティンソン)の視点
●キャット(エリザベス・デビッキ)の視点
●セイター(ケネス・ブラナー)の視点

…それぞれの視点でも理解していこうと思うと

どうしても複数回観ないと分からないような構造になっている気もします😮

そういったこともあって「すごく難しいのに、大ヒット」という現象につながっているのかも知れません。



3つの“突破”【この段落以後、ネタバレあります】

どんな映画でも「この映画は何を伝えたかったんだろう?」といつも考えるんですが

今回この映画『TENET テネット』観終えた後に私の頭の中に浮かんできたのは

「Breakthrough(突破)」という言葉でした。

この点をメインで考えると、難解さが若干和らぐのではないかなと思います☆

①「覆水盆に返らず」→「為せば成る」に!

名もなき男は、スパイになるための“テスト”で唯一合格したほど、非常に優秀な人物。

彼は、戦闘能力に秀でているだけでなく(レストラン厨房のシーン!)

仲間や組織のために自分の命も厭わないような強い精神力も持っています。

 

「“逆行”の世界で車を運転するなんて自殺行為だ」と言われてもやっちゃう😂💦

結果運転自体は“横転”という大変な状態になってしまいましたが、

あそこまで(過去の自分の目前)まで行けたのは本当にすごいと思います。

 

これってきっとニールの「起きたことは仕方がない(起こることは起こる)」という言葉からすると

名もなき男の能力どうこうではなくて

「もともとそうなる運命だった…?」とも捉えられなくはないと思うんですが…🤔

私はやはり、名もなき男が1つ1つの決断を下していって

「覆水盆に返らず」を「為せば成る」にしてきた=無理だ無謀だと言われてもそこを“突破”したと感じました。

 

よく考えたら、キャットを救うために“逆行”の世界へ入ったりオスロの保管庫へもう1回行ったりするのも

「しない」決断も出来たと思うんですよね…🤔

しかも、担架に乗せたキャットごと回転扉に入れて…っていう直前は

名もなき男以外ほぼ「え、マジでやるの?」って感じだったのに…すごい🙄

②「束縛」からの開放

キャットを演じたエリザベス・デビッキ様✨

背が高くて手足が長くて女神様のようなオーラをまとった女優さんなんですが、

今作では非常に追い詰められた立場の女性を演じています。

彼女を追い詰めていた元凶。それは夫のセイターでした。

 

キャットは一度はセイターとやり直そうと思ったものの…出来ない。

キャットがセイターを思いっきり海へ突き落としたシーンには、彼女の全ての思いが表れていた気がします。

(あれだけ束縛され追い詰められていたら、名もなき男に対して「何で助けたのよ!」っていう気持ちも分かる😥ヤッチマエ-!)

 

そしてセイターは

自分を守りたいし
キャットにはずっとこっちだけを向いてて欲しいし
自分は先が短いけど周りは巻き添えにしたい
なら未来から過去を奪いに行けばいいんだ

…などなどなど、とにかく利己的

 

セイターは…わたし的には、なんだか体の周りに無数のトゲがある人のように見えました。

トゲがあるから、周りの人も近づけないし自分からも助けを求められない。

最後のヨットのシーンで、ほんの少しキャットに心を開いている?ような表情が見えた気がした時には、

「”寂しい・死が怖い”って素直になるんだ!セイター😣!」と思わざるをえませんでした。

トゲの中は、きっと脆い弱いものなんだろうと思います。

 

だからといって!

自分の存在を誇示するために、あそこまで妻キャットを虐げるのは本当に許せない🙁

キャットのあの飛び込み姿は、本当に美しかったなぁ…✨

まさに「束縛」からの開放=殻を“突破したような感じでした。

③映画を観る私たちを“突破”させたい?ノーラン監督

最後の“突破”。

それはある意味、この映画の存在自体なのではないかなとも思います。

少し前の段落で「“違和感”な映像」という言葉で表現しましたが…

時間の概念の表現の仕方がとんでもないことになっているんです💦

 

特にすごいのは、一番最後の“順行”チーム“逆行”チームに分かれるシーンです。

爆破が戻ったり…ヘリが逆向きに飛んできたり…ビルが上半分下半分バラバラに崩れたり戻ったり…。

さらには、同じ画面の中に“順行”“逆行”どちらも居る=それぞれ動きが逆の人たちが居るので、おそらく、

“順行”側の目線のカメラの時と“順行”の人から見たら“逆行”の人が違和感ある動きに見える)
“逆行”側の目線のカメラの時と“逆行”の人から見たら“順行”の人が違和感ある動きに見える)

それぞれが逆の動きをしないといけないんですよね😮🙄😵

(※映画パンフレットのノーラン監督インタビュー内に、“逆行”を表現する時のさまざま工夫について書いてあったので、そこから私なりに想像しました)

 

他にも、オスロの保管庫内のシーン・赤と青の照明が印象的な回転扉がある部屋のシーンなども含め

多分ノーラン監督は私たち観客の脳内理解の限界を突破させたいんだと思います笑😵😂💦

 

ノーラン監督の作品『インセプション』にて、

主人公コブ(レオナルド・ディカプリオ)が、↑この様な図を書いて

夢の中にどう“入り込む”かをアリアドネ(エレン・ペイジ)に説明しているシーンがあります。

 

映画『TENET テネット』はまさにこの図のように、

「普通は時間ってこんな感じでしょ」とぐるぐる気づかずに回っていた私たちのところへ

「こんな時間の概念の表現の仕方、どうですかー!」とノーラン監督が真横からヒュンっと入ってきたような

…そんな感じがしました😳😲



“不快感ギリギリ”の心地よい音楽

そして、ノーラン監督の映画で私がすごく好きなのが音楽✨

今回はハンス・ジマーではなく、ルドウィグ・ゴランソンという36歳(私同い年!)の作曲家が担当されています。

↑ TENET Official Soundtrack | FREEPORT – Ludwig Göransson | WaterTower
(WaterTower Music You Tubeチャンネルより)

 

↑この曲、冒頭がすごく焦らせられる感じというか…

心臓の鼓動のような…虫の羽音のような…

若干不快感・嫌な感じさえ覚えるんですが、なんかカッコいいんです!

 

ムンバイでサンジェイ・シンの家へ入っていくシーンでかかってたかな?

私は高所恐怖症なので、高いところ×この不安な曲 の組み合わせで、ソワソワしながら観ていました😂😭

まとめ

なんとなく「映画館に物理学を勉強しに行った」というような気さえするこの作品。

 

そんな難解さがあっても、展開の速さ・ストーリーの核の部分が非常にしっかりしているので

”それぞれ別の登場人物目線で観る事ができる”という構造的にも何度も観たくなる映画だな

わたし的表現で言うと「噛めば噛むほどなスルメ映画だな👍」と感じました。

 

私はIMAXではない普通の映画館で観ましたが、迫力ある映像を堪能できました。

(特に最初のオペラ会場に入っていくシーンやタリンでのカーチェイスシーンなど)

でも、もし可能であれば、IMAXで観られる映画館で鑑賞すると、より没入できるのではないかなと思います☆

 

まだまだ分からないところがたくさんありますが…本当に面白い・魅惑的な映画でした😄✨

作品詳細

<画像クリックでAmazon商品ページへ飛べます> 

原題:『Tenet』

2020年の作品。

監督・脚本…クリストファー・ノーラン

●名もなき男(元CIAエージェント。ある任務を負うことになる)…ジョン・デヴィッド・ワシントン
●ニール(ある任務のため、名もなき男に協力する)…ロバート・パティンソン
●キャサリン・“キャット”・バートン(絵画鑑定士。セイターの妻)…エリザベス・デビッキ
●アンドレイ・セイター(ロシアの武器商人。ある秘密をもっている)…ケネス・ブラナー
…他。

(参考:ウィキペディア, 映画.com, 『TENET テネット』パンフレット)

予告編

↑映画『TENET テネット』(ワーナー・ブラザーズ公式You Tubeチャンネル より)

 

読んでいただき、ありがとうございました🎥



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村