映画『ブラックパンサー』ただ強いだけでは王になれない!

2010年代,●地域別,●年代別,洋画(主にアメリカ)

2020年8月28日、ブラックパンサー/ティ・チャラ王を演じたチャドウィック・ボーズマンさんが亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。

★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★・・・・・・★

こんにちは☆lenoreです。

今回は、映画『ブラックパンサー』について書こうと思います!

この作品、MCU作品の中でかなり好きな方でして…✨



7部門ノミネートも頷ける面白さ!

この映画は、ジャンルとして分けるなら確かにアメコミ映画だしスーパーヒーローものですが、

あまりそのジャンルに興味がない方・得意じゃない方にも是非一度チャレンジしてほしい映画です。

なぜならストーリーがとても良いんです✨面白い!

 

国を守ることの重責を感じながら
父である前国王の過去と向き合いながら
自分の心と向き合いながら…

若きワカンダ国王ティ・チャラが成長していくしていく姿が

武器商人ユリシーズ・クロウやキルモンガーとの戦いの合間合間にも丁寧に美しく描かれているんです。

 

そこに、ティ・チャラの妹シュリの可愛さ、ワカンダのスパイであるナキアやワカンダの国王親衛隊隊長オコエのかっこよさ全体的にとても良いバランスになっていると思います🙂✨



ただ“強い”だけでは王にはなれない

最後まで観て私が感じたのは、

身体的戦闘能力的にどんなに強くても、人を思う気持ちや国全体から見た視点、そして世界で協力しようという広い視野を持っていなければ、一国の王は務まらないんだな」

ということでした。

 

あるシーンで、ティ・チャラは武器商人ユリシーズ・クロウを殺す寸前まで追い詰めるんですが…ナキアやオコエに止められ思いとどまります。

このシーンを観た時に、私は「もしキルモンガーだったら、ナキアやオコエの進言も耳に入らずその場でクロウを殺してしまいそうだな🤔」と感じました。

 

個人の感情として怒りを感じても、みんなに見られている中での国王としての振る舞いを思い出せるかどうか?

その心の強さ・周りの声を受け入れる力こそ、ティ・チャラが支持される理由の1つなんだろうと思います✨

まとめ

この映画、面白いだけでなく、出演されている俳優さん女優さんがみなイケメン&美人でびっくりします😳✨

そして筋肉美も堪能できます(実は私筋肉大好きです笑)。

そして、ケンドリック・ラマー、SZA、ザ・ウィークエンド等、私が好きな歌手さんたちがたくさん登場しているサントラも気になります!

おすすめの映画です🎥

作品詳細

<画像クリックでAmazon商品ページへ飛べます>

原題:『Black Panther』

2018年の映画
↑第91回アカデミー賞にて、アメコミ原作のヒーロー映画としては快挙ともいえる作品賞を含めた7部門ノミネートという高い評価を受け、美術・衣装デザイン・作曲の3部門を制した。

監督…ライアン・クーグラー
脚本… ライアン・クーグラー、ジョー・ロバート・コール

●ティ・チャラ / ブラックパンサー(ワカンダの王)…チャドウィック・ボーズマン
●エリック・“キルモンガー”・スティーヴンス / ウンジャダカ(元アメリカの秘密工作員)…マイケル・B・ジョーダン
●ナキア(ワカンダのスパイ。ティ・チャラの恋人)…ルピタ・ニョンゴ
●オコエ(ワカンダの国王親衛隊隊長)…ダナイ・グリラ
●シュリ(ワカンダの王女。ティ・チャラの妹)… レティーシャ・ライト
…他。

(参考:映画.com, ウィキペディア )

予告編

↑『ブラックパンサー』予告編 (シネマトゥデイ You Tube より)

 

読んでいただき、ありがとうございました。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村