映画『フランシス・ハ』自由で気ままで寂しがり!

2010年代,●地域別,●年代別,洋画(主にアメリカ)

こんばんは!lenoreです。

今回は、映画『フランシス・ハ』について書こうと思います!

全編モノクロ(2012年の作品)で、曲も可愛い素敵なのが多く、なんだか昔のフランス映画のような雰囲気でした✨



自由気まま!でも寂しがり。

鑑賞中まず思い浮かんだのは「なんか…みんな自由だな😂!ということ。

したい時にしたいことをする・話したいことを話す・行きたいところへ行く…そんな感じ。

そんな中でも、みんなちょっとずつ寂しさを感じている様子が印象に残っています。

 

「自由」って自分の好きに出来て良いんですけど、なにかしらの代償はつきものな気はします。

この映画なら、寂しさ・お金の無さ・ダンサーの夢…などなど。

 

フランシスが気分でフランスに行っている時に、待ちに待った親友ソフィーからの電話があったり

その後フランシスがアメリカに戻った後、今度はフランスの友達から折返しの連絡が来たり…。

「自由に自分の好きに動くって、大体こうやってちぐはぐするんだよね(アポ取れって話だけど笑)分かる!と自分の20代の頃を思い出して共感してしまいました。



良い意味での ❝妥協点❞

最後まで観て感じたのは

やりたいことをする時に自分の中の“良い意味での妥協点”を見つけるのって大事だな

ということでした。

 

その“良い意味での妥協点”を見つけ、新しくスタートを切ったフランシスを象徴するのが

まさにこの映画のタイトル『フランシス・ハ』だと感じました。

最後のシーンを見た時には思わず唸った!!

まとめ

映画のほんとに最後の最後まで見たら「フランシス・ハ…あぁ~そういうことね!!」と多くの人がなると思います。

登場人物の自由さ・音楽の雰囲気…すごく良かったな。サントラ欲しくなってきた😋💿

おすすめの映画です!

作品詳細

<画像クリックでAmazon商品ページへ飛べます>

原題:『Frances Ha』

2012年の映画(日本公開は2014年)

監督…ノア・バームバック
脚本…ノア・バームバック、グレタ・ガーウィグ←主人公フランシスを演じた女優さんが共同脚本です

●フランシス(ダンサー)…グレタ・ガーウィグ
●ソフィー(フランシスの親友)…ミッキー・サムナー
●レヴ(パーティでフランシスと出会った男性)…アダム・ドライバー
●ベンジー(レヴとルームシェアをしている男性)…マイケル・ゼゲン
●パッチ(ソフィーの婚約者)…パトリック・ヒューシンガー
…他。

(参考:映画.com, ウィキペディア )

予告編

↑『フランシス・ハ』予告編 (シネマトゥデイ You Tubeより)
読んでいただきありがとうございました。



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村