映画『プリデスティネーション』面白かったけど、観るのがキツかった

2010年代,●地域別,●年代別,洋画(主にアメリカ)

こんにちは☆lenoreです!

今回は、映画『プリデスティネーション』について書こうと思います。

プリデスティネーションとは、pre(予め、前もって)destination(目的地、行き先)=運命・宿命という意味の単語。

鑑賞後はまさに「運命」「宿命」、そして「輪廻」という言葉も思い浮かびました🔁



こんなに作り込まれている作品はなかなか無い!

この作品、ぼーっとした気分ではとても観られないほど難解でした💦

でもすごく面白かったんです😳

難解さと面白さ。

この2つが両立するというのは、それだけ脚本が作り込まれているということかなと思います。

ゆっくりページをめくりながら紐解いていく…まるで上質な推理小説を読んでいるような感覚でした。

 

…ただ!

映画の中盤辺りまでは、特に女性は内容的に観ていてあまりいい気分がしない…とも🙄

観ているのがキツい・しんどいに近いかな。

キツかったポイント【この段落以後、ネタバレあります】

ちなみに…ウィキペディアの「あらすじ」には、あらすじどころかオチまで書いてあるので、知りたくない方は気をつけて!

🧚🏻‍♀️

🧚🏻‍♀️

🧚🏻‍♀️

🙋🏻‍♀️

ジェーン、ジョン、バーテンダー、フィズル・ボマーはすべて同じ人でした。

途中で「女性器も男性器もある人」と分かったのが突飛な感じがしましたが、最後まで観て合点がいきました。

 

そして、私がこの映画を観ていて何が辛かったかと言うと…



ジェーンは小さい頃からずっと自分に違和感を感じながらも、やっと愛する人と出会い愛し合う
→しかし彼は突然失踪
→でも彼との愛情の証であるお腹の子を大切に育てようと決意する
→出産後、突然医者から「実はあなたの体には女性器・男性器両方ありました。帝王切開手術中どうしても母体に危険が及びそうになったため、子宮を取りました」

👩🏻私「えええええー!望まない手術に近いじゃない!」

 

初めは取り乱したが「自分はいずれ男性名に改名しないといけないから」と腹をくくり、娘に自分の名前「ジェーン」をつけ大切に育てることを誓う
→2週間後、新生児室にいた娘が何者かに連れ去られる

👩🏻私「き、キツすぎる…」

 

連れ去りの犯人は見つからない。
→そんな中ジェーンは3度の手術を受け男性になるための練習をしはじめる。男性ホルモンを摂取し少し低くなった声で「はじめまして。私はジェーン(女性名)です」と泣きながら話す。

👩🏻私「😭😭😭😭😭」

 

季節が過ぎ、だんだんと体つきや髪型が男性っぽくなったジェーン。
→服を脱ぎ、まじまじと自分の体を見つめてから(男性器はあるけど帝王切開の跡もあるんです)、便器の前に立ち用をたそうとする。
→男性器から尿が出た時に自虐的に微笑むジェーン。

👩🏻私「……そうだよね、もうそこから出るんだよね…」

→その後ジェーンはジョン(男性名)になる。

 

…と、この【女性から男性になるいきさつ】を観るのがとても辛かったんです😭😭!

同じ風に思われた方、いらっしゃるかな?



永遠に続く輪廻

最後まで観て感じたのは「これは…愛ゆえに永遠に続く輪廻なのでは?」ということでした。

映画の1番最後のジョンのセリフ「ただ一つ分かるのは、お前は俺にとって最高ってことだ。お前がひどく恋しい」に表れていますよね…🤔

 

もし平穏なお話にしようとするなら、

●ジェーンとジョンを会わせなければ
●交渉させないようにすれば
●過去にいかなければ
●そうすれば無限ループから逃れられるのでは?

…とも思えなくもないんですが、どちらも結局会いたいんです、お互いに

辛いけれど繰り返してしまう。それがこの2人の愛だということだと思います😭🤔

まとめ

映画『ターミネーター』の【カイルが未来から過去に行き、そこでサラ・コナーと出会って恋に落ちたからジョン・コナーがいる】の全て同一人物版と言えばいいのかな…?

カイルたちも愛し合うからこその運命って感じですもんね🤔

 

女性は特に途中観るのがキツくなるかな…と思いますが、ストーリーの綿密さに思わず「いやぁ…これはすごい😲!」と感嘆の声をあげました☆

結末が分かっていても、何度か観ていろいろ確認したくなる映画です。おすすめ!



作品詳細

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プリデスティネーション ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
価格:12625円(税込、送料無料) (2021/1/12時点)

楽天で購入

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

輪廻の蛇 (ハヤカワ文庫) [ ロバート・A.ハインライン ]
価格:990円(税込、送料無料) (2021/1/12時点)

楽天で購入

 

 

↑原作  ロバート・A・ハインラインによる小説『輪廻の蛇』

 

原題:『Predestination』

2014年の作品(日本では2015年に公開)

監督/脚本… マイケル・スピエリッグ、ピーター・スピエリッグ

●バーテンダー…イーサン・ホーク
●ジョン/ジェーン…サラ・スヌーク
…他。

参考:映画.com, ウィキペディア

予告編


↑『プリデスティネーション』予告編 (シネマトゥデイ You Tubeより)

読んでいただき、ありがとうございました☆



にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ おすすめ映画へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村